勝つときは汚く 負けるときは美しく

ふと気がつくといつも似たような話をしているので書き留めておきます

2010年代のベスト11(但しクリロナとメッシ除く)

2019-20シーズンも始まって、久方ぶりにインテルもまぁまぁ好調なスタートを切ったんで割と例年よりも機嫌よく試合を観れていたりしますが、21世紀2度目のディケイドの最後のシーズンでもあるんで、ありがちではありますが直近10年間のベスト11を組んでみま…

生誕500年祭なので今川義元公のいいところ挙げてく⑦

仮説③寿桂尼は承芳と太原雪斎の政敵だった 筆者は氏輝治世下の今川氏の政局は、以下の勢力に分かれていたと考えている。 【親北条派】氏輝–寿桂尼 【反武田派】恵探–福島氏 【親武田派】承芳–太原雪斎 氏輝–寿桂尼の連立政権が保守的で前代の政策を踏襲して…

生誕500年祭なので今川義元公のいいところ挙げてく⑥

以上、前稿で概観したように義元公の家督相続を巡っては不可解な点が多い。筆者なりに論点を列挙すると、以下のようになる。 ①氏輝はなぜ死んだのか? ②彦五郎とは何者だったのか? ③なぜ寿桂尼は恵探を支持したのか? ④なぜ義元公は駿相同盟を破棄したのか…

生誕500年祭なので今川義元公のいいところ挙げてく⑤

いよいよもって鼻息荒く義元公の治績を語りたいところだが、氏親没後に家督を継いだのは同母兄の嫡男氏輝である。 義元公は氏親の五男として生まれ、父の生前、まだ4歳のときにに臨済宗善徳寺で九英承菊(のちの太原崇孚雪斎)の弟子となり栴岳承芳と名乗っ…

生誕500年祭なので今川義元公のいいところ挙げてく④

さて、今川義忠が遠江での抗争で戦死した文明8年(1476年)には、まだ龍王丸の幼名を名乗っていた氏親は3歳(5歳説もある)で家督を継ぐには幼すぎた。このため、朝比奈氏や三浦氏といった譜代家臣が今川氏庶流の小鹿範満を擁立し、駿河守護の座を龍王丸派と…

生誕500年祭なので今川義元公のいいところ挙げてく③

①が長くなってしまったが、義元公のいいところをドンドン挙げていく。多分、また長くなる。 父親と大叔父がえらい 父親は範政の曾孫にあたる今川氏親、大叔父とは氏親の母、北川殿の弟である北条早雲こと伊勢新九郎盛時である。 北条早雲は関東の覇者北条氏…

生誕500年祭なので今川義元公のいいところ挙げてく②

さて、まだ義元公は登場しないのだが、我らが今川氏草創の話に移る。 承久の乱ののち、守護として三河に地歩を得た足利義氏は同国内に一族を扶植していき、三河は本貫地の下野足利庄と並ぶ足利氏の地盤となっていく。その三河足利党の頭領とでも呼ぶべき存在…

生誕500年祭なので今川義元公のいいところ挙げてく①

まず家柄がいい。 御所(足利将軍家)が絶えなば吉良が継ぎ、吉良が絶えなば今川が継ぐ つまり今川氏は足利将軍家の継承権を有する一族ということである。これは天文22(1553)年『今川記』記載の記事だが、なにか室町幕府にそういう決まりがあるわけではな…

2018年のヘビロテ ゆく年くる年

10位 [Streets of Fire: Collector’s Edition: Nowhere Fast (HD) - YouTube] Blu-rayが出たかなんかで久しぶりに聴いてやっぱりこのダイアン・レインは最高。歌ってないとは思えない。 9位 【Yngwie Malmsteen】 - 「Rising Force」 VOCAL + GUITAR COVER †…

2018年に読んだ本 ゆく年くる年

10位 デジタルマーケティングの実務ガイド 作者: 井上大輔 出版社/メーカー: 株式会社宣伝会議 発売日: 2018/04/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る この手の本て心構えや考え方か、あるいはツール類のマニュアルの類ばかりで、マーケティング…

2018年に観た映画(ドラマも) ゆく年くる年

⑩エンドレス・フィアー マイケル・マドセンが出てるってだけで観たんだが、最後のオチまで観るとまるっきり違う映画になる。それまであんまり出てこないマドセンは、ラストの演技をするためにキャスティングされたんだなと。 『エンドレス・フィアー』予告編…

要するに弱者の戦略

杉山氏が森保ジャパンに異議。日本サッカーのガラパゴス化が進む https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00010000-sportiva-socc お馴染み杉山茂樹。森保がどういう監督か、Jリーグみてないから知らないんだけど、オシムー岡田ー(アギーレ)ー…

なにが足りなかったんでしょうね

清水の監督だったゼムノビッチさんという人がが「日本の2対0は危ない」と言ってたそうで、欧州だと2点差って余程のことがないとひっくり返らないから試合を閉じにかかるんだけど、日本の選手は1点返されると浮き足立ってガタガタっと崩れるんで結構ひっくり…

ベルギーはまだよくわからない

ベルギー 5-2 チュニジア ベルギーは黄金世代と言われながらメジャー大会では毎度鳴かず飛ばずで、いい選手はいるんだけどなんとかそれを並べてるだけ、前回大会でもユーロでも個々人が力技で仕掛けては潰される印象ばかり残った。 今回のチームがそれからど…

メッシがアルゼンチン代表というのが無理ゲーなんじゃないかと

クロアチア 3-0 アルゼンチン クロアチアの出来が頗るよい。毎度曲者揃いみたいな面子を揃えてくるのだけど、気がつけば16強入りはユーゴスラヴィア解体後初出場で3位に入った98年フランス大会以来20年ぶり。ちょっと意外。 日本とも対戦したが、ボバン、シ…

滝二の中西くんはいまなにを想ってるだろう

日本 2-1 コロンビア 正直勝つとはあんまり思ってなくて、勝つとしたらかなりアクシデントだろうなと。そもそも日本がどういう仕上がりか全然わからんぶっつけ本番だったし。 その点、早い時間帯でコロンビアに退場者がでてPKとれたのはアクシデントにもみえ…

2017年に観た映画ゆく年くる年

あくまで今年は観た映画なんで公開年ではないです。 【10位】ジョン・ウィック チンピラに犬を殺されて復讐の鬼になるキアヌが強いんだけどあんまり強そうじゃなくてハマっている。続編も出たし久々の当たり役なのではないかと。 https://youtu.be/jie65yTNc…

【ネタバレ】エドワード・ノートンとデイヴィッド・フィンチャー再び

というわけではない『ゾンビ・ファイト・クラブ』というシンガポールのゾンビ映画の話です、はい。 https://m.youtube.com/watch?v=uCjgAlsrI-8 制作は香港らしく結構見憶えのある顔が多いです。出オチっぽいタイトル(ほんとに原題がZombie fight club)の…

不安と不満のBS

士郎正宗のサイバーパンク作品『攻殻機動隊』にはいくつかシリーズがあるんですけども、そのうちのひとつに掲題の『Stand alone complex 』というのがあります。 やや意訳すると「独立した個の集合体(としての全体=個)」というような意味になると思うんで…

五位の話

『今昔物語集』に利仁将軍というひとの五位の話という故事があって、芥川の『芋粥』の元ネタでもあるんですけども、地方を旅する度に思い出すんです。 利仁将軍は藤原利仁といって中級公家の子で、俵藤太こと藤原秀郷と並んで藤原流武家の元祖的なひとなんで…

ジオンは負けていない

1979年の1stガンダム初回放送から38年、いまでもジオンがどうしたら勝てるか考え続けている男たちが存在するんです。 1991年の連載開始から26年間、特攻の拓誰が一番強いか考え続けてる男たちがいるように。 「ジオンは負けていない」という信念が0083もZもZ…

歩のない将棋は負け将棋

先日、私の勤め先で360度評価研修というのがありまして、例年は入社2年目の若手社員にやっているトレーニングで、上司と同僚から任意に数人を抽出し、対象者の良いところ悪いところをサーベイをとって、それをベースにワークショップとグループワークをして…